読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記

かきたいことだけ

苦しくて
切なくて
どうしようもないので、書く。


母の話を聞いていた。
彼女はしばらくずっとあることを目指していて、
そういうのがあるならいい、と、思った。
本心。
また、
どこへいっても地獄なのだと、
そして、それは自身の中にあると、
思い出した。

父には癖がある。
それが、面白いことにうまく言えない。
心配性?
束縛? 
しっくりこないなあ。
噛み砕けば、人を息苦しくさせる天才なのだ。

今日まで、今日も、
そう思っていたが、
ここで一つの疑念。

これって母親の洗脳だったんじゃね~の?


いや、
父は厄介だ。
本当にめんどくさく、青春も半々潰されたし、
情もあるが怨みの近くもあり、
母が削られていくのを見ていた。
だから、
納得ではある。

だが、しかし

ああ…愚痴るのも疲れてきた。

また今度。



家族はただの集合体であり、
わかりあえないなんて当たり前だし、
幸福は家庭の誰かの犠牲で成り立っていると、
ある程度の段階でわかったことは良かった。
本気の悩みの人たちの前で、理想を押しつけなくて済むから。
アドバイスなんて煌々としたものは持っていないが、
変わりにむやみに傷つけず、
持論をひけらかすこともない…と思う。

とにかく、
熟年うつや自決だけはやめてください。
離れ離れでもそこそこ楽しい余生を必ず。必ず。必ず。
また今度かこう。
しかしこんなにこころみだされるとはー顔見れない。

春と夏の間の名前のない季節が終わるの

もう秋。


何も出来ちゃいないや。

でも最近、断捨離をくわーっとやって

少し変われたような。

人間の断捨離って、

断捨離出来ない人も残る。

困る。

浮き彫りになる。

いい人だけど嫌いになっていいって

誰かに言って欲しい。
 


春と夏の間の名前のない季節が終わるの

川本真琴*ドーナッツのリング

もしも、あの時もっと心に余裕があればなぁ

もしも、あの時もっと心に余裕があればなぁ

こんなに人を悲しませずに済んだなぁ

人のために出来ることはあっても

人のために生きることが出来ない


ウルフルズ*暴れだす



これ以上、胸をうつ音楽があるだろうか。

高校の友人がカラオケで歌ってから、

今日までずっと頭に鳴り響いてるなぁ。

どうしよもなくなる。

まさに「暴れだす」。

中学生のとき、ウルフルズは結構聴いていて、

題名的にいつもの元気ソングだと思ってた。

いや、当時聴いてもピンと来なかったかも…。


対象はいつも家族。

主人、息子。

初めて自分で望んだ、一番大事なはずの…


あぁあごめんよ~!!ごめん。ごめんなさい。

余裕がない。

先日、いやなことがあって、

それがずっと頭で回る。

家族に向かう。

だったら、だったらよ、

その腹立つ人に嫌みの一つでも浴びせれば良かったんだ。

「○○ってことかと思いましたああ!

そこまで無神経なこと●●さんが言うわけないですもんねぇ☆」


とかさ…。

「は?」

とか。

「で?」

とか。

「…」

とかとか。

明日は優しくしよう。

明日は全部笑顔で過ごそう。

頼っていい人がいて、それはありがたいのかもしれないけれど、

頼れる人とはまるで違うから、

だったら自分で全部やるのが筋。

なのに、もう。
 
生まれるって運が悪いなぁ。

こんなこと思う人が母親で息子はどう思うかな。

地獄とは他人のことだ

 硫黄のにおい、火炙り台、焼き網なんているものか。
地獄とは他人のことだ。

サルトル「出口なし」




 
全くもって余裕がない。

常にむかつきがあり、

それを言おうにも愚痴をする前に疲れる。

原因は息子のイヤイヤ期→

そこにかける自分の対応の、悪循環と

そして一生関わるかもしれない「ある」こと。

しかもそれをあろうことか息子に当たってしまう自分のどうしようもなさ。

やれ、しかし、決めたことは決めたので良しとする。

内緒、なのにも関わらず、

本当にここ何日か酔っ払いのような感覚が抜けず

ぼろんと言ってしまいそうになる、しかも意気揚々と。




一回だけ、区のカウンセラーにあれの話をしたことがあった。

が、何とも嫌な女で(私には)、

電話も無視、もう二度と話すことはあるまい。

と、そんなことばかり言っても仕方ないので、

自分は自分でしか妥協を与えてやれないのだから、

俗に言う「ストレス解消方法」を探してみた。


結果。


①自分を棚にあげる

②怖い話や映画をみる


てなことに落ち着いていたが、

ここで新たに加わるのがこちら。


細川ふみえの歌を聴く


うっへぇ~✨生半可な気持ちで聴いてはいけないですよ!!

だって相手はプロなんだもの。(なんの?)

もう、最高です!!

どんなに歌がうまい方でも歌いこなせないと思われます!!

あっ、わたしはアタマが沸騰して悩み事も溶けましたァ!!

ってことは問題解決です!!✨

おっぱいありがとう!!

最近お疲れ気味の方はもちろん、

結婚式や忘年会の余興に悩んでる方は是非ともご試聴を★

ぜひフーミンと素敵な時間をお過ごしくださいませ!!

自分の殻から抜け出せますよ!!




わたしは何をいっているんでしょうか。

だっこしてチョ

だっこしてチョ

ちなみにサルトル読んだことないよ。

紛れもなく、十九歳の端くれなんだからなぁ。

今更「苦役列車」を観ました。読みました。

映画から入ったにわかだからでしょう、

どちらもドはまりしてしまい

西村賢太おっぱい。

原作者の西村さんはネガティブキャンペーンなのか、本心なのか、ああいう感じの方だからか、

この映画に苦言していたし、

原作ファンなら怒るのも無理ないなあとは思うんだけど…


前田敦子ちゃんはかわいくて、もういたらいいやってなって、

貫太の最後のシーンは胸をうつものがありました。

森山未來ってすげー。


役者さんって本当にすごい。

高良健吾マキタスポーツ、みんなみんな良かったけど、

森山未來の次に記憶に残ったのは、

高良健吾の彼女役の中村朝佳という女優さん。

うざすぎうますぎ笑!!

ああいう、高校生では決してカースト的には上じゃないであろう女(容姿的にも)が、

その女子高生特有の捻れから解放されたのをいいことに

はっちゃけて調子乗ってかわいこもぶって演出される「大学生」感。

貫多(森山未來)だって15点の女がオナニーするかしないかどうでもええわよ。

やっぱりここが原作も映画も最高。

そしてこのシーンにはいるちょっと前の

「ぼくだって彼奴らとおなじ、

紛れもなく、十九歳の端くれなんだからなぁ。」

この台詞が重くなってきます。

苦しく、惨めに、じわじわと効いてきます。

ラストは原作と映画は真反対(しかしなぜだか結構近いような)で、

わたしはどちらも好き。大好き。

でも原作ファンの方はやっぱり嫌だろうなぁ。


映画は、ラスト貫多の確実に臭いであろうブリーフの後ろ姿が印象的で、

本当にあるかわからない弱い光のような何かからからカルタシスを。

はたまた逆に原作は、何ひとつ変わらない様がもう…たまらない。

私は小説も映画も初心者以下なので

間違った感想な気がしないわけじゃないんだけど。


原作は声出して笑った場面も多数。

「うはあ」とか「うぉい」とか「なんでだよ!!」とかぶつぶつ言いながら

悲惨の中の絶妙なおかしみを味わってしまいました。


表向きは明るく生きなきゃいけないんだもの、

次もその次もこんな作品ばかりに出合いたい。

(もちろん現実には関わりたくない。)

苦役列車 (新潮文庫)

苦役列車 (新潮文庫)

苦役列車(通常版) [DVD]

苦役列車(通常版) [DVD]

今日から★

Facebookでママ友さんたちがアメーバブログ書いていて、

毎回素敵な記事なのでわたしも何かはじめたいなぁって思ってスタートしました。

でも私は専門的な知識はないし、職もないしなので、
ただの日記になりそうです。

なので、書きたいことだけ書いていつか読み返して
自己満足しようと思っています★

ここまで読んでくださった方は本当に時間の無駄になるのでやめた方が良いです。笑


 *かきたいこと*

・育児のこと
aikoのこと
・愚痴
・読んだ本のこと
・観た映画のこと
・好きな曲の歌詞
・たまにはコスメのこと
・むねのうち

IDのとおりだけど、かきたいことだけ書きます。



f:id:kakitaikotodake:20160712232824j:plain

全然関係ないけど、こちらは可愛い息子です。
じゃぶじゃぶ池に初めて行って、
ビビりながらもだんだん楽しんでくれました。

ちなみに今日わたしは彼に積み木を投げられて
怒鳴り散らしてしまいました。。
もっと他の方法があったと今となっては思います。
寝顔を見ては反省する毎日です。



1ヶ月に、1、2回のペースで更新したいです。
すみません、オチとかないです。
仕方ないです。