日記

かきたいことだけ

もしも、あの時もっと心に余裕があればなぁ

もしも、あの時もっと心に余裕があればなぁ

こんなに人を悲しませずに済んだなぁ

人のために出来ることはあっても

人のために生きることが出来ない


ウルフルズ*暴れだす



これ以上、胸をうつ音楽があるだろうか。

高校の友人がカラオケで歌ってから、

今日までずっと頭に鳴り響いてるなぁ。

どうしよもなくなる。

まさに「暴れだす」。

中学生のとき、ウルフルズは結構聴いていて、

題名的にいつもの元気ソングだと思ってた。

いや、当時聴いてもピンと来なかったかも…。


対象はいつも家族。

主人、息子。

初めて自分で望んだ、一番大事なはずの…


あぁあごめんよ~!!ごめん。ごめんなさい。

余裕がない。

先日、いやなことがあって、

それがずっと頭で回る。

家族に向かう。

だったら、だったらよ、

その腹立つ人に嫌みの一つでも浴びせれば良かったんだ。

「○○ってことかと思いましたああ!

そこまで無神経なこと●●さんが言うわけないですもんねぇ☆」


とかさ…。

「は?」

とか。

「で?」

とか。

「…」

とかとか。

明日は優しくしよう。

明日は全部笑顔で過ごそう。

頼っていい人がいて、それはありがたいのかもしれないけれど、

頼れる人とはまるで違うから、

だったら自分で全部やるのが筋。

なのに、もう。
 
生まれるって運が悪いなぁ。

こんなこと思う人が母親で息子はどう思うかな。